【いつ飲む?】食後にメタバリアSを飲んでも意味ないの!?

メタバリアSは口コミ評価も高く、愛用者が多いことでも知られている機能性表示食品です。

そんなメタバリアSは食後に飲んでも意味がないというのは本当なのでしょうか。

となればメタバリアSはいつ飲むのが良いのか、メタバリアSの効果が出やすい飲み方はあるのか気になりますよね。

今回はメタバリアSを食後に飲んでも効果はないのか、いつ飲むのが効果を実感しやすいのかをチェックしていきます。

メタバリアSは食後に飲んでも意味がない!?

メタバリアSは医薬品ではないため、薬のように飲む時間が決められているものではありません。

しかし機能性表示食品でありメタバリアSに期待できる効果は糖の吸収をおさえる、腸内環境を整えるというものなので、飲むタイミングとしては食事時に関連付けられるのでは?と想像できますよね。

そこで重要となってくるのが、食事の前に飲むのが良いのか、食事の最中に飲むのが良いのか、はたまた食後に飲むのが良いのかということです。

薬の場合は、この部分を間違えることのないように入念に説明があったりもする大事な部分なのですが、メタバリアSにとっても効果を実感できるかどうかの分かれ道になると言えます。

メタバリアSは基本的に食事の前に飲むよう指示されているものであり、それも食事の直前ではなく15分〜30分前に摂取する方が多いとされています。

メタバリアSの1日の摂取目安量は8粒ですが、この8粒を1回の食事で飲むのではなく、食事のたびに分けて摂取していきます。

特にボリュームがでやすい食事の前に多く摂取するように1回あたりを2〜4粒の範囲内で3回に分けて飲みましょう。

なぜ食前に飲むことが勧められるのかというと、それはメタバリアSの持つ機能が食事の糖の吸収を抑えるためだからなのです。

しかし、どうしても食前に飲み忘れてしまったということもありますよね。

その場合は食事の直前や食事中に飲んでも良いとされています。

しかし食後しばらくしてからメタバリアSを摂取することは勧められていません。

食後に飲み忘れていることに気付いたときは、無理に飲もうとせずに次の食事の前に飲むようにしましょう。

また食後になって飲み忘れに気付いたときは、次の食事の糖質の量を減らして食べるなど、メタバリアSの今までの効果を無駄にしないためにも食事を調整するというのも良いでしょう。

1回分を飛ばしてしまったからといって、前日の摂取量を繰り越して1日の摂取目安量を超えるなどして飲むことはせずに、あくまでも1日の摂取目安量を守って飲むようにしましょう。

初めてメタバリアSを飲むという方は

今メタバリアSを買おうか悩んでいるという方の中には、飲み忘れが不安だったり自分の体質に合うかどうか不安に感じている方もいるでしょう。

メタバリアSを飲んでいて血糖値が安定したり、血糖値が下がったと口コミしている方もいることから健康的な生活を送るためのサポートとして役立っていることがわかります。

しかし腸内環境を整える作用の面で、おならが出るようになったり、下痢をしてしまったり、反対に便秘になってしまったと口コミしている方もいます。

本体を購入する前に初めてメタバリアSを購入する方は、14日分のトライアルパックで試してみるという方法もあります。

初回に限り1人1回1個限り14日分を500円(税別)で試せるお得なトライアルパックが販売されているので、そちらをチェックすることをおすすめします。

特に腸内環境が荒れ気味という方や、お腹が弱いという方は本体購入前にメタバリアSが自分の体質に合うかどうかを見極める材料として使用してみるのが良いでしょう。

その際も食後に飲むのではなく、食事の前に摂取するということを覚えておくと良いでしょう。

健康的な生活を送るためにも、ダイエットのためにもメタバリアSを毎日の食事の前の習慣として摂り入れられると良いですね。